京都二条城そばの京町家スイート

うさぎのつぶやき

お知らせ2019.08.13
KOUGEI EXHIBITION "JOURNEY"


ICOM2019 トリ.jpg
ICOM KYOTO 2019 will be held in a main theme as "Musuems as Cutural Hubs: The Future as Tradition." ICOM is held once every three yeas, and one of the biggest project that over 3,000 experts of musuems  around 141 coutries and regions participate.  Kyoto has chosen as the venue this time and it is the first experience.  Kyoto is preparing various pre-post events and exhibitions in musuems and art galarries during ICOM.

Kyoyado USAGI  announce that our 4 delux sweet rooms will be change as "KOUGEI" exhibition venue to show Kyoto traditional cultures and hand crafts during ICOM. It is a grate chance to keep up and notify our traditional Kyoto "KOUGEI" to the world.

*KOUGEI EXHIBITION "JOURNEY"

"KYOTO KOUGEI WEEK 2019" is held during ICOM.  The leaders of Kyoto artists and craftsmen gathers and shows their work in our beautiful suite rooms like you are traveling in Kyoto.

Exhibition: KOUGEI EXHIBITION "JOURNEY"

Date and time: Sat, 7 Sep. 2019  10:00~21:00

                         Sun, 8 Sep. 2019  10:00~18:00

Admission fee: free

Venue: Kyoyado USAGI

              1 Hokusei-cho, Nishinokyo, Nakagyo-ku, Kyoto  TEL: 075-821-1112

               URL https://www.usagi-yado.com/english/

Contact:  Sawada in KYOTO Prefectual Govermment Textiles and Crafts Division  ("KYOTO KOUGEI WEEK" excutive committee)  

                TEL 075-414-4888 http://kougeiweek.kyoto/

Organaizer: 

 Kyoto Association of Craft Artists, Kyoto Federation of Ceramics Association, SOMARU and "HIBIKI" a young craftsman group certified by Kyoto Prefecture

Sponsered by INOUE IKU Co., Ltd. (Kyoyado USAGI)

 

KKW2019ロゴ トリWeb大.png

Exhibition information in each room at Kyoyado USAGI. 

◆ Room "ONIWA", produced by "HIBIKI" a young craftsman group certified by Kyoto Prefecture

Introducing "Waza," the technique of KOUGEI by volunteer of HIBIKI. The young specialists shows variious types of crafts such as Kyo-Yuzen・Kinsai, Kyo-Insho(Seals), Kyo-Takekogei(Bamboo crafts). You will see their technical demonstration at the sametime.

https://www.facebook.com/kyomonohibiki/

 

IMG_3384 Web大.JPG

IMG_3421 Web大.JPG

IMG_3512 Web大.JPG

Room "OSORA", produced by SOMARU.

The products called "OFUKI" (silk wiping cloth for glasses and smartphone) with Kyo-Yuzen dyeing.  Also exhivits Kyo-Yuzen dyeing tools that you hardly see in stores or other places.  You may see their background how they make the products and Kyo- Yuzen.

https://soo-kyoto-soo.amebaownd.com/

 

SOOおふき写真トリWeb大.jpg

SOOおふきmini写真トリミング.jpg

◆Room "OYAMA", produced by Kyoto Federation of Ceramics Association 

They will serve Japanese SENCHA (green tea) and Hojicha (rosted green tea) with beautiful pottery tea set, Kyo-Yaki and Kiyomizu-yaki.   You will enjoy the technique of Japanese tea ceremony and tast of different Japanese tee here.  Please join their tea making seminor if you are interested in (please ask the exibitor at venue).

http://www.kyoyaki.com/

IMG_1803 Web大.JPG

IMG_2571 Web大.JPG

◆Room "OIKE", prooduced by Kyoto Association of Craft Artists

Kyoto Association of Craft Artists chosen exhibition ~Happy KOUGEI Hour~

It's a craftsman group of many artists to lead Japanese art & crafts since 1941. The 12 chosen artists  who will lead next generation in ceramic,  Japanese lacquerware, dyeing, weaving, metal wrok and glass work exhibits their fine works.  Japanese Sake will be served at happy hour in cooperation of Sasaki Shuzo.

DSC_4520 Web大.JPG

IMG_2406 Web大.jpg

Please feel free to visit KOUGEI EXHIBITION "JORNEY".

FotoJet JORNEY 単英.jpg

 

 

 

 

お知らせ2019.08.07
JORNEY 工芸を旅する展覧会

ICOM2019 トリ.jpg

文化をつなぐミュージアム-伝統を未来へ-をメインテーマにICOM KYOTO 2019 (国際博物館会議京都大会)が開催されます。 ICOMは3年に1度開催され、世界141の国と地域から、3000人を超える博物館の専門家が集まる一大プロジェクトで、日本での初開催地に京都が選ばれました! 9月1日から7日の大会期間前後には、京都の博物館、美術館を初め、各地で様々なイベントや企画が行われます。

  京宿うさぎでも、ICOM京都大会の開催に合わせて、京都の伝承すべき文化のひとつ「工芸」にスポットを当てた展覧会が催されますのでご案内いたします。

 

~KOUGEI "JOURNEY"

ICOM KYOTO 2019開催にあわせて実施する「KYOTO KOUGEI WEEK 2019」のプロジェクトの一つ。 暮らすように泊まる京町家スイート「京宿うさぎ」を会場に、京都の伝統と文化のものづくりをリードする職人・作家が、アート&クラフトの展覧会を催します。 ふだんは独自の活動をしている4グループが一つのお宿に集結する特別な2日間です。

「KOUGEI」を見て、触って、使って楽しむ・・・新しいヒト・モノ・コトに出会える、五感で味わう"JOURNEY"をお愉しみください。  各お部屋(会場)での、展覧会限定商品やおもてなしにも注目。コラボグッズも並ぶ予定。

ー記ー

<展示会名> KOUGEI EXHIBITION "JOURNEY" 工芸を旅する展覧会

<開催日時> 2019年9月7日(土)10:00~21:00

                    2019年9月8日(日)10:00~18:00

<会  場> 京宿うさぎ 〒604-8382 京都市中京区西ノ京北聖町1番地

                     TEL075-821-1112

                     URL https://www.usagi-yado.com/

<入  場  料> 無料

<展示会に関するお問い合わせ>

                     京都府染織・工芸課 澤田(「KYOTO KOUGEI WEEK」実行委員会)

       TEL 075-414-4888  FAX 075-414-4870 http://kougeiweek.kyoto/

<主  催> 京都工芸美術作家協会、京都陶磁器協同組合連合会、京もの認定工芸士会「響」、SOO -ソマル-

<協  力> 井上幾株式会社(京宿うさぎ)

KKW2019ロゴ トリWeb大.png

 

≪展示内容≫ 各「お部屋(会場)」それぞれが、特別のExhibitionです

 ◆「お庭」Produced  by  "京もの認定工芸士会「響」" 

京もの認定工芸士の有志による工芸の「技」を紹介。若手職人の高度な技術で作られた様々な分野の工芸品の展示販売のほか、京友禅・金彩、京印章、京竹工芸の職人による制作実演もあり。京都のほんまもんの技を間近で体感できます。

https://www.facebook.com/kyomonohibiki/

 IMG_3384 Web大.JPG

IMG_3421 Web大.JPGIMG_3512 Web大.JPG

◆「お空」Produced  by  "SOO -ソマル-"

京友禅手染め絹の眼鏡拭き"おふき"、絹のスマートフォン拭き"おふきmini"のフルラインナップに加え、新たなアイテムの初お披露目。さらに普段の店頭では見ることのできない染色道具の展示もあり、ものづくりの背景がわかる今回だけの特別仕様です。

https://soo-kyoto-soo.amebaownd.com/

SOOおふき写真トリWeb大.jpg

SOOおふきmini写真トリミング.jpg  

◆「お山」Produced  by  "京都陶磁器協同組合連合会"

 煎茶やほうじ茶など日本茶というフィルターを通して京焼・清水焼を紹介する展示。急須やポット、煎茶碗などアイテムを絞った中で京焼・清水焼の技法やジャンルを紹介する初めての試みです。 *日本茶の講師を招いてお茶の淹れ方セミナーも予定。

http://www.kyoyaki.com/

IMG_1803 Web大.JPGIMG_2571 Web大.JPG

 

◆「お池」Produced  by  "京都工芸美術作家協会"

京都工芸美術作家協会選抜展 〜Happy KOGEI Hour〜 

京都工芸美術作家協会は、京都を中心に活躍する工芸作家の団体です。 1941年(昭和21年)の創設以来、日本の工芸美術界をリードする多くの作家たちを育んできました。 今回は選抜された次代を担う12名の作家が、陶芸、漆芸、染織、金工、ガラスなど多岐に渡る分野の作品で、皆さまを "Happy KOGEI Hour" にいざないます。

happy hourには佐々木酒造様にご協賛頂き、日本酒を振る舞います。

 DSC_4520 Web大.JPG

IMG_2406 Web大.jpg

京宿うさぎ4つのどのお部屋も、個性あふれる作品やおもてなしが満載です。

皆でKOUGEIを旅して愉しく過ごしましょう!

FotoJet JOURNEY単.jpg

お知らせ2019.06.30
うさぎフェスタ2019レポート

令和の元号に代わり皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

去る2019年6月1日(土)~2日(日)、第4回目の「うさぎフェスタ」を開催致しました。

" うさぎフェスタ "は日頃は京町家旅館として営業している" 京宿うさぎ "が施設を開放して、様々なつくり手さんがアートや手工芸の作品を持ち寄って展示したり、販売したり。お越しくださる方や集うみんなが楽しめるお祭りのようなイベントを!との思いから企画したものです。

IMG_0803 Web大.JPG

IMG_0804 Web大.png

両日お天気にも恵まれ、過去最高の約350名の方々にご来場いただき、館内のあちこちから歓声が聞こえ、熱く盛り上がっておりました。

"うさぎフェスタ2019"にご来場くださった皆さま、ならびに出展者の皆さま、ご関係の皆さま、誠にありがとうございました。

 今回は昨年を大きく上回る32組の出展を迎え、それぞれのコーナーで熱心に作品を見たり、つくり手の方から説明を聞いたり、中には久しぶりの再会を喜びあうシーンも。

DSC00745 明トリWeb大.JPGIMG_0772 Web大.JPG

IMG_0636 Web大.JPG

_

それでは、「うさぎフェスタ2019」の様子をレポートさせていただきます。

京宿うさぎの「お庭」「お空」「お山」「お池」4つのお部屋が会場になっています。

IMG_0703 明トリWeb大.JPG

ようこそ、うさぎフェスタへ!

_

【お庭】

IMG_0806 Web大.png

_

・フェルト(そがまつみ)

ウールは縮むという特性を利用して、独自のフェルト作品を創っています。継ぎ目のない一体成型はウールという素材の自由さによるもの。

IMG_0787 トリWeb大.JPG

坪庭の前に横たわる何とも不思議な造形。存在感が凄い。

IMG_0788 明トリWeb大.JPGオブジェやバッグは思わず感触を確かめたくなります。

_

・引箔(楽芸工房)

西陣織の帯に用いられる伝統技法の「引箔」その技術を生かし、アートパネルや箸に。金属の強い光沢が豪華で贅沢な印象を与えます。

IMG_0792 トリWeb大.JPG

IMG_0800 明Web大.JPG

箔が輝くお箸は使うのがもったいなくなるほど。材料から選んで手作りしています!

_

・金彩扇子 (米原康人)

京都の土地に宿る祈りや東洋的思想、美徳など見えないものを、箔と扇子を使い表現したい。

IMG_0796 トリWeb大.JPG

IMG_0797 トリWeb大.JPG

_

・抹茶で一服コーナー(黙楽庵・なかじ)

楽しくなければお茶じゃない!を合言葉になんとワンコインで抹茶を一服。

IMG_0782 トリWeb大.JPG

DSC01122 明トリWeb大.JPG

_

・ベルギー生ビールとオリジナルグッズ(京宿うさぎ)

DSC01125 明トリWeb大.JPGホワイト生とブラウン生。おつまみ付きでワンコイン。暑さを吹きとばせ〜

IMG_0780 トリWeb大.JPG京宿うさぎオリジナルの一筆箋とあぶら取り紙。これレアなんですよ。

_

階段を上がって「お空」へ

IMG_0809 トリWeb大.JPG

 

【お空】

IMG_0807 Web大.png

_

・色鉛筆花絵(則武千鶴)

これが色鉛筆?と思うほど力強く、見る人をドキッとさせます。

IMG_0632 明トリWeb大.JPG DSC00978 トリWeb大.png

 今回一番の大作

_

・ガラス器(ハニカム堂)

屋号のとおり、ハニカム(六角形)をモチーフにした器は、カラフルでポップ。楽しい食卓が目に浮かぶようです。

DSC00952 明トリWeb大.JPG

DSC00956 明トリWeb大.JPG

ハニカム(蜂の巣)柄が可愛い

_

・手描き友禅(染工房 正茂)

優雅な手描き友禅の世界。分業が当たり前の中でほとんどの工程をお一人で手掛けられる稀有な職人さん。

IMG_0687 Web大.JPG

友禅が染めの技法の名前なんて初めて知りました。

IMG_0685 トリWeb大.JPG

IMG_0777 Web大.JPG

 手描き友禅体験も行われました。見るより難しい!?

_

・京友禅金彩工芸(二鶴工芸)

煌びやかな金彩の世界。金銀の箔を使った帯やパネルは神々しくさえある。

DSC01016 明トリWeb大.JPG

DSC01040 トリWeb大.JPG

ガラスに金彩を施したお皿

IMG_0580 明トリWeb大.JPG

イベントではずれなしのワンコインくじ。どれが当たっても素敵です!

 

・京焼青瓷(蘇嶐窯)

大好きな青瓷の器たち。伝統を守りつつ、普段の使いやすさが追及されてます。

DSC01011 トリWeb大.JPGIMG_0690 明Web大.JPG

竹工芸とのコラボ作品。色合いのコンビネーションが素敵。

_

・バッグ・ジュエリー(MURA-LA)

贅沢でお洒落なバッグがたくさん。ジュエリーと共にオリジナル作品が並びます。

IMG_0756 Web大.JPG

みんな欲しくなってしまう・・

DSC01061 明トリWeb大.JPG

 _

・新万葉染め(京都川端商店)

 オーガニック染料で染め上げた草木染。色見本のようなストールたちは色ごとに名前がついています。

IMG_0757 Web大.JPG

DSC01086 明トリWeb大.JPG

 

・紅茶、焼菓子(まつは)

 二条富小路の町家カフェが出店してくれました。紅茶、焼菓子の販売。クッキーにはうさぎもいます。(^‐^)

IMG_0622 Web大.JPG

IMG_0621 トリWeb大.JPG

 

「お空」は、まつはさんのミニサンドや焼き菓子と美味しい紅茶がいただけるのカフェコーナーになっておりました。お客様もほっと一息・・・

IMG_0750 明トリWeb大.JPG

さてさてお次の会場へ

IMG_0811 トリWeb大.JPG

 _

 【お山】

IMG_0560 Web大.png

1階から

_

 ・アクセサリー(SINRA)

「この世の有相無相、森羅万象(しんらばんしょう)への祝福」をテーマにしています。天然石を使った上質でシンプルかつユニークな「人に寄り添う」ジュエリー。

DSC00810 コントリWeb大.JPGIMG_0709 明トリWeb大.JPG多くのお客様が訪れ、終始賑わっておりました

_

・金彩工芸(takenaka kinsai)

友禅の着物を華やかに仕上げる金銀を使った技法で、テーブルウエアやステーショナリーを作りました。

IMG_0684 Web大.JPGIMG_0680 コントリWeb大.JPGパーティーにあれば嬉しいグラスマーカー。着物の絵柄がそのままコースターや箸置きに。

_

・西陣織(タイヨウネクタイ)

明治40年創業の西陣織の製造元。自社工場で製織し、糸染め、縫製も全て京都にこだわっています。

IMG_0679 トリWeb大.JPG

光沢の美しい西陣織りのネクタイは、父の日が近くプレゼント用にも人気。

IMG_0675 Web大.pngワークショップはくるみボタン作りとタイピン作り

_

お二階へ

IMG_0556 Web大.JPG

_

・京こま(雀休)

公家の女性が着物の布を竹の芯に巻いて作ったお座敷独楽が始まりといわれる京こまを現代に復活させました。

IMG_0671 明トリWeb大.pngカラフルで大きさ、形も様々な京こま。古き良き遊びの文化も伝えたい。

IMG_0670 明トリWeb大.JPG

京こまつくりを体験するワークショップも開かれました。

DSC00785 明トリWeb大.JPG

_

・京漆器・螺鈿(嵯峨螺鈿・野村)

古来から続く漆芸、螺鈿の技法でジュエリーを作成しました。新鮮です!

IMG_0672 明トリWeb大.JPGIMG_0673 明トリWeb大.JPGIMG_0664 明トリWeb大.JPG体験も行われ、大変熱心に取り組まれておられました。

_

・京の金属工芸(小林錺金具工房)

普段は神仏具の錺金具製作、文化財の修復などを手掛けています。今日はブローチや帯留め、かんざしなどのかわいい装身具が沢山。

IMG_0665 Web大.JPGIMG_0727 Web大.JPGたがねを使って金属に模様を施す実演も行われました。

IMG_0716 トリWeb大.JPG指先よりも小さなパーツを自在に操るのは まるで魔法のよう。

_

・京組紐(昇苑くみひも)

縄文から続く紐を使う文化。組紐は仏具や茶道具、刀や鎧、着物の帯締めとさまざまな用途に使われてきました。美しく丈夫で機能性に富んだ組紐の持つ可能性をもっと広げようと日々探求しています。

IMG_0722 トリWeb大.JPGDSC00773 明トリWeb大.JPG

_

・おりん・鈴(南條工房)

音の良い佐波理(さはり)おりんは大きさや厚みで音色が変わり、音階のように並べて演奏するアーティストの方もいるそう。仏具としてだけでなく、音を楽しむ鳴り物として開発。

DSC00778 明トリWeb大.JPGIMG_0719 Web大.JPG携帯できるおりん鈴の「LinNe(リンネ)」は昇苑くみひもさんとのコラボ品。

_

それでは、最後の会場「お池」へ

こちらは、京都の工芸の作り手の方がひとつのチームとなって、テーマを決めて館1棟を設えるスタイル。今年のテーマは京都の色「京の青朱白玄(せいしゅはくげん)」

*青朱白玄(せいしゅはくげん)、お池全体の空間コーデネートは、"おきにのうつわ"が担当しました

DSC00834 明トリWeb大.jpg.JPG

IMG_0729 トリWeb大.JPG

風呂敷にもうさぎの紋が

_

【お池

IMG_0561 Web大.png

IMG_0732 明コントリWeb大.png青(せい)の展示

_

・石朱印帳(石川石材)

京都の職人の技術を結集してつくった、世界にただひとつの、石の御朱印帳が「心和 こころなぐ」です。お参りしたときの清らかな気持ちを残してほしい。そんな願いがこめられています。

IMG_0737 明トリWeb大.JPGIMG_0739 明トリWeb大.JPG

_

・ペーパークイリング(アトリエ*A)

紙をくるくる巻いて花などのモチーフを作り、組み合わせて様々な絵柄を作り上げていくペーパークラフト。小さなお子さんにも人気でした。

IMG_0742 明コントリWeb大.pngIMG_0735 明コントリWeb大.JPGワークショップではこんな可愛い封筒ができました。

_

DSC00927 明コントリWeb大.JPG朱(しゅ)の展示

_

・京石工芸品(河波石材店)

可愛いお地蔵さんとたぬきさん、夜には飛び石つたいにお出かけしそう。玄関先ではうさぎの像も鎮座しています。

IMG_0748 明コントリWeb大.pngDSC00950 明トリWeb大.JPG

_

・蕎麦殻染  そばがらぞめ(長岡庸仁)

 自然な色合い、独特の風合いが魅力。蕎麦殻から手間暇かけて抽出した色素で一点一点染め上げていて他にはないものです。

IMG_0743 明コントリWeb大.png

ジャグジーのバスタブにまさかの展示。なぜか馴染む

IMG_0744 明コントリWeb大.png

_

二階に上がりましょう

DSC01229 明トリWeb大.JPG二階展示の様子

IMG_0821 トリWeb大.png白(はく)の展示

_

・京都の金属工芸(仁科旗金具製作所)

旗頭(はたがしら)、纏(まとい)やお神輿の飾りなどを技術を活かして、一輪挿しや文具など新しい金属工芸を発信。

IMG_0822 明トリWeb大.JPGDSC00918 トリWeb大.JPG

_

・京焼・清水焼(和蘭)

色とりどり、多種多様な技法、デザインがある京焼・清水焼。ふだん使いのうつわをめざし作成しています。

DSC00903 明トリWeb大.JPG

IMG_0829 明Web大.JPG

玄(げん)の展示

_

・竹工芸(京都竹工房ゆうすい)

「伝統の技を現代の意匠に」をコンセプトに、食器や生活雑貨の竹製品を提案されています。美しさと使いやすさを兼ね備えていて、おもわず手にとってみたくなります。

IMG_0830 Web大.JPGIMG_0820 トリWeb大.png

_

・西陣つづれ織(のざき)

横糸だけが見えるつづれの技法を活かした儀礼袱紗(ふくさ)を製造し、文化の継承にも尽力。袱紗の生地を用いたバックやクッションなどにチャレンジしています。

IMG_0827 トリWeb大.JPGIMG_0825 トリWeb大.JPG

_

・印染  しるしぞめ(スギシタ)

のぼりや旗、風呂敷などを染める印染(しるしぞめ)。その技術を活かしたTシャツは着心地が良くリピーターが続出しているそう。袢纏の刺し子を使ったバッグも展開。

IMG_0828 明Web大.pngIMG_0823 明コントリWeb大.png

_

・和蝋燭(中村ローソク)

櫨(はぜ)ロウでつくった和蝋燭は、すすが出にくく長い時間燃え続けます。美しい絵柄は海外旅行者のお土産としても人気が高い。

IMG_0831 明トリWeb大.JPG

IMG_0833 明コントリWeb大.JPG

障害者アートの天才アート作品も展示

_

熱い2日間が過ぎ去り、今年も無事うさぎフェスタの幕がおりました。「お池」の庭を飾ってくれた石材作品もクレーンで搬出されていきます。

IMG_0839 Web大.JPG

 

来年、再来年と続いていけるよう、より楽しい催しとなるよう力を尽くす所存です。

皆様とまたお会いできますことをお待ちしております。

usagi ma-ku.jpg

 

ENGLISH2019.05.15
USAGI FESTA is Coming!

It is the time for our annual event, USAGI FESTA!

You will meet more than 30 Japanese art exhibitions and art & crafts in our 4 suite rooms.

Exprole our suite rooms in this special 2 days and find yourself a memorable goods and people! 

Admission free!!  Come and enjoy the day.

うさぎフェスタ英語2019.png

Held at:  Kyoyado USAGI

               1 Hokusei-cho, Nishinokyo, Nakagyo-ku, Kyoto  TEL: 075-821-1112

Date:  1st - 2nd June 2019

Time: 11:00 - 17:30

Exhibitors: 

Japanese top: Jyakkyu /Bags and jewelry: MURA-LA/ Colored pencil drawing: C Noritake/ Glass tableware: K Hirono/ Kyoto fan: Y Yonehara/ Kyo Kumihimo: Showen/ Kinsai: Takenaka Kinsai/ Felt crafts: M Soga/ Shin Manyo zome: Kyoto Kawabata Shoten/ Accessory: SINRA/ Specislity store of Raden: Sagaraden Nomura/ Hand painted yuzen: Dyeing studio Masashige/ Nishijin fabric: Taiyounekutai / Metal crafts: Kobayasi Kazarikanagu Koubou/ Kyo Yuzen Kinsai: Fuzuru Kougei/ Hikihaku: Rakugei Kobo/ Kyoto Potter: Soryu-Gama/ Japanese bells: Nanjo Koubou/ Japanese Candles: Nakamura Rosoku/ Bamboo crafts: Kyoto Takekoubou Yusui/ Nishijin fabric Tsuzure: Nozaki/ Kyoyaki & Kiyomizuyaki pottery: Waran/ Shirusi-Zome: Sugishita/ Buckwheat husk dye: T Nagaoka/ Paper Quilling: Atelier*A/ Metal crafts: Nishina Flag Co. Ltd./ Stone stamp books: Ishikawa Sekizai/ Stone crafts: Kawanami Sekizai/ Arrange OIKE room: Okininoutsuwa/ Tea and sweets: Matsuha/ Matcha: Mokuraku-annNakaji, etc

Cooperative Co.:

KYOTO Prefectual Govermment Textiles and Crafts Division / City of Kyoto Industry & Tourism Bureau Traditional Industries Section/ KYOTO City Government Traditional Industry Division/ Kyoto Museum of Traditional Crafts, Fureaikan

Organaizer:

INOUEIKU Co. Ltd. (Kyoyado USAGI)

お知らせ2019.05.08
うさぎフェスタ2019を開催!

皆さま、超大型連休は楽しく過ごされましたでしょうか。

この度、京宿うさぎでは4回目、令和初の「 うさぎフェスタ 」を開催致しますので ご案内させて頂きます。 

「 うさぎフェスタ 」は、京宿うさぎの客室を、アーティストやモノ作りの方々に開放し、作品の展示・販売をして頂く企画です。 2016年にスタートし 毎年好評をいただいて、今年も開催の運びとなりました。

洋のもの、和のもの様々な出品がありますが、昨年からは京都の伝統工芸品を手掛ける職人の方々がグループで参加し、今回は「色」~京の青朱白玄(せいしゅはくげん)~ をテーマに一部屋(建物1棟)をしつらえます。 

職人による実演や、ワークショップでモノ作り体験焼菓子やビールの販売、お抹茶でほっこりコーナーもあります。 

また 普段は宿泊のお客様しか見ることのできない京宿うさぎの部屋をご覧になるチャンスでもあります。 

今年は31組の参加があり、更に賑やかになりそうです。

入場料無料、大人から子供までみんなで一緒に楽しみましょう。お気軽にお越しください!

 

【 記 】 

日程:令和元年 6月1日(土)~2日(日) 

開催時間:11:00~17:30 

開催場所:京宿うさぎ 〒604-8382京都市中京区西ノ京北聖町1番地

     アクセス  /access/ 

入場料:無料

主催:井上幾株式会社(京宿うさぎ)

協力:京都府商工労働観光部  染織・工芸課

   京都市産業観光局 商工部 伝統産業課

   京都伝統産業ふれあい館

 

出展予定者(敬称略、順不同 )

京こま:雀休

バッグ・ジュエリー:MURA-LA 

色鉛筆花絵:則武千鶴

ガラス器:ひろのくみこ  

京扇子:米原康人

京組紐:昇苑くみひも

金彩工芸:takenaka kinsai

フェルト:そがまつみ

新万葉染:京都川端商店

京漆器 螺鈿:嵯峨螺鈿・野村

手描友禅:染工房正茂

西陣織:タイヨウネクタイ

アクセサリー:SINRA

京の錺金具:小林錺金具工房

京友禅金彩工芸:二鶴工芸

引箔:楽芸工房

京焼青瓷:蘇嶐窯

おりん・鈴:南條工房

和蝋燭:中村ローソク

竹工芸:京都竹工房ゆうすい

西陣つづれ織:のざき

京焼・清水焼:和蘭

印染:スギシタ

蕎麦殻染:長岡庸仁

ペーパークイリング:アトリエ*A

京都の金属工芸:仁科旗金具製作所

石朱印帳:石川石材

京石工芸品:河波石材店

しつらえ:おきにのうつわ

紅茶・焼菓子:まつは

抹茶:黙楽庵・なかじ 他

他 

*展示物の一部は購買いただけないものもあります。

 

ワークショップ案内(いずれも有料)

・染工房正茂 手描友禅体験

・京こま匠 雀休 京こまづくり体験

・そがまつみ フェルトスマホ・眼鏡ケースづくり体験

・タイヨウネクタイ 西陣織くるみボタンつくり体験

・アトリエ*A ペーパークイリング ミニフレーム、札用ポチ袋づくり体験

・嵯峨螺鈿・野村  螺鈿、蒔絵体験(丸盆かコースター)

*当日、会場にて随時受付。

20190425154551-0001.jpg

昨年までの「うさぎフェスタ」の様子は下記のブログからご確認頂けます。

2018年のお知らせ  2018年開催の様子

2017年のお知らせ  2017年開催の様子

2016年のお知らせ  2016年開催の様子

 

皆様のご来場、心よりお待ち申し上げております。

  1. 1

2017年11月
京宿うさぎ別邸OPEN

ベストレート保証

ベストレート保証

公式ホームページでのご宿泊料金は、どの予約サイトよりも最低価格になっております。また、シャンパンや和菓子詰め合わせなどの特典をご用意しております。
※他サイトからのご予約には適応されません。

公式WEBからの
ご予約はこちら

ページの先頭へ