京都二条城そばの京町家スイート

うさぎのつぶやき

京都2020.07.03
京の夏の風物詩 納涼床

皆さま、こんにちは。

京都では、例年のようなじっとりとした梅雨ではなく、今年は晴れ間が多いように感じます。お散歩していると、あちらこちらにたくさんのアジサイを見かけます。この時期ならではの風景に癒されますね。

今年の夏も納涼床がたてられました!京の夏の風物詩ですね。納涼床の歴史は古く今から400年ほど前、豊臣秀吉の三条、五条橋の架け替えなどを経て、鴨川の河原は見世物や物売りで賑わいました。それにともない、富裕な商人が見物席を設けたり、茶店ができたりするようになり、これが納涼床の始まりと言われています。

第二次世界大戦の影響で半永久的に床は禁止され、納涼床の光が消えましたが、戦後復活します。納涼床の基準がつくられ、「鴨川納涼床」が地域ブランドとして商標登録されました。今では納涼床の申請が100軒を数えるまでになったそうです。

昨年の納涼床の様子をご紹介します。昼間の強い日差しと高い気温とは打って変わって、夕方の空を見渡しながら川の上の流れる風を感じ、夕涼みの中でお食事が頂けます。

床写真.jpg

夕方景色.jpg夕方景色2.jpg暗くなるとまた雰囲気がガラッと変わり、ライトアップされた橋や賑やかな声に気分が高揚しますね。

夜写真.jpg

京都にいらっしゃる際は、夏の風物詩を楽しんでみてはいかがですか。

京宿うさぎから地下鉄二条駅で約13分、タクシーで約15分で木屋町御池(鴨川納涼床の北側のエリア)に到着します。

夏休みのご予定はお決まりですか。是非京宿うさぎの京町家スイートにお泊り下さい。

  1. «PREVIOUS
  2. NEXT»

ベストレート保証

ベストレート保証

公式ホームページでのご宿泊料金は、どの予約サイトよりも最低価格になっております。また、シャンパンや和菓子詰め合わせなどの特典をご用意しております。
※他サイトからのご予約には適応されません。

公式WEBからの
ご予約はこちら

ページの先頭へ