京都二条城そばの京町家スイート

うさぎのつぶやき  宿と観光情報

Category

日々のこと2016.07.29
美しい日本画を客室に 冬瓜と紅梅

皆様、暑中お見舞い申し上げます。

祇園祭りが終わりを告げ、京都の夏はいよいよ暑さの本番を迎えます。

 5月開催の〝うさぎフェスタ〟にて、展示されました吉田眞理子さんの日本画作品が、あまりにも美しく、京宿うさぎの風情にぴったりでしたので、ご縁あってこの度、「冬瓜(とうがん)」「紅梅(こうばい)」の二作品を設置することとなりました。

京宿うさぎにお越しくださる皆様に、是非ご鑑賞いただきたくご案内申し上げます。

 

吉田眞理子さんは、京都生まれの日本画作家です。日展などのあらゆる団体に所属せず、個展を中心とした独自の美術活動を続けておられ、寺院の襖絵や屏風、曼陀羅の制作、陶芸家との共作など幅広く、精力的に展開されている気鋭のアーティストでいらっしゃいます。特に植物の題材を得意とし、繊細でのびやかな表現、瑞々しい色使いは、すらりとしたご本人そのものを表しているようです。

 

紅梅.JPG「紅梅」は12号サイズです。古来から日本人に愛された「梅」。優しい色使いに心が和みます。現在は「お池」に飾られています。

冬瓜 明.jpg「冬瓜」は背の高い二枚の屏風仕立てで大きく迫力があります。真近で鑑賞するとより一層惹きつけられます。現在は「お山」に設置されています。

冬瓜アップ1.JPG冬瓜アップ2.JPG

緑の濃淡が爽やかで清涼感があり、特にこの季節にはぴったりです!

 

京町家にお泊りいただくことで、京の暮らしを体感するだけでなく、美術品、装飾品で京の美意識にも触れていただくことが出来ればと願っております。

 

関連ブログ 》 

うさぎフェスタイベント開催のお知らせ

/blog/info/000061.php

うさぎフェスタ大盛況のうちに閉幕!

/blog/info/000064.php

 

京宿うさぎ ホームページ /

お問い合わせはこちらから /contact/


観光情報2016.07.14
祇園祭りがやってきた 2016

7月に入ったとたん、街のそこここから聞こえる〝コンチキチン〟祇園囃子の音は京都に夏が来たことを知らせてくれます。気が付けば宵々山になりました。

17日の祭りのメインとも言える山鉾巡行や前夜祭である宵山などがその荘厳さ、迫力で有名ですが、祇園祭自体は7月1日から1ヶ月に渡り行われる長期間の祭りなので、様々な祭礼や行事が催されます。

祇園祭01.JPG祇園祭02.JPG

祇園祭03.JPG祇園祭が平安時代から千年以上続く歴史ある祭りであることは、多くの方が知るところですが、その歴史はあまり知られていないようですね。(私だけかもしれませんが・・)

ということで、祇園祭のお話しです。

 

平安時代、内陸の盆地で湿度の高い京都は、夏場に疫病が大流行したのですが、現代のように医学的に解明されていなかった時代には、その原因が朝廷に反抗し、非業の死を遂げた六柱(早良親王など)の御霊にあるとされ、疫神や死者の怨霊などを鎮めなだめるために「神泉苑」で御霊会(ごりょうえ)と呼ばれる鎮魂の儀礼を行いました。

また、貞観地震や富士山の噴火など全国的な災害が相次いだため、貞観11(869)には日本の国の数である66本の矛(鉾)を建立し、「神泉苑」にて祈願しました。この御霊会が現在の祇園祭へと変化していったとされています。

現在は、八坂神社(祇園社)の祭礼である祇園祭の発祥が、うさぎのご近所にある「神泉苑」であることは初めて知りました!

 

一昨年から復興した24日の後祭、(17日の山鉾巡行が前祭)祇園祭還幸祭では、中御座の神輿が巡行し「神泉苑」で拝礼し、神仏による祭典が行われます。時間は18時半頃とのこと。神泉苑前では、迎え太鼓が奉納され、掛け声とともに神輿が高々と担ぎ上げられる差し上げが見られます。中心地よりもゆっくり見物できる穴場かもしれませんね。

祇園祭04.jpg

元々は天皇のための庭園として造られた「神泉苑」。雅な平安文化が繰り広げられた舞台ですが、色んな側面があるのですね。奥深いです・・

皆様も是非訪れてください。可愛いアヒルさんにも会えますよ。

祇園祭05.jpg 

ところで、昨年は「菊水鉾」に乗せていただきました!

"重要有形民俗文化財"に指定されている山鉾にのれるなんて、そんな機会は滅多にないのでとても有り難くいたく感激しました。

祇園祭06.JPG

お囃子を演奏されている脇に座らせて頂き、眼下の喧騒を眺めるのはまさに格別な経験でした。

祇園祭07.JPG祇園祭08.JPG祇園祭09.JPG祇園祭10.JPGたまたま関係者の方のはからいでこのような機会に恵まれましたが、一般でも拝観券や粽(飾るものです)などを買って乗れるところもあるようです。女人禁制の鉾や搭乗できない鉾もあるそうなので、ご興味のある方はお知らべくださいね。

 

祇園祭中の京都はとても蒸し暑く、風も通りにくいため、熱中症などの対策が必須です。どうか十分に水分補給と休憩をとりながらお愉しみください。 

祇園祭が京都での素敵な思い出の一つになりますように。

観光情報2016.07.14
祇園祭 2016

いよいよ、夏本番!四条、烏丸界隈は祇園祭で賑わいムードです!

IMG_7562.png

今年は連休も重なり、多くの方が京都、祇園祭に集まりそうです。巡行マップを添付しますので是非お役立てください。

FullSizeRender.jpg

IMG_7560.png

日々のこと2016.06.24
60cm水槽

いつかやりたいなぁと思っていましたが先日ついに買ってしまいました。

20160624_01.jpg60cm水槽です。

それほど大きくは感じませんが、水、砂、石を入れると70kg程になりますので

念のため水槽を置くカウンターの下に支柱を入れました。

20160624_02.jpg支柱無しでカウンターに体重を掛けてみるとわずかにたわみますが、支柱を入れた後では

全くたわみません。「ふんばりくん」という家具転倒防止器具を4本使いました。

底面フィルターに外部フィルターを直結して吹き上げ式にする予定です。

丈の短い水草で底一面をカバーするのが目標ですが、大磯砂(砂利)で底面吹き上げ式では

水草がなかなか育ちません。水槽と平行して地上のプランターでも水草を栽培して根気よく植えていこうと思います。

20160624_03.jpg今は何も入っていませんが、この水槽がどうなっていくのか楽しみです。

観光情報2016.06.03
圓光寺

 京都・一乗寺・詩仙堂からしばらく歩くと、臨済宗南禅寺派 瑞巌山 圓光寺があります。

慶長6年(1601)徳川家康公は国内教学の発展を図るため、閑室元佶(かんしつげんきつ)師を招いて伏見に圓光寺を学校として建立し、その後、 相国寺山内に移り、更に寛文7年(1667)現在の一乗寺小谷町に移転されました。明治維新で荒廃したが、尼衆専門道場として再興され、南禅寺の修行道場で、一般公開はされていなかった寺院。

宗派:臨済宗南禅寺派
山号:瑞巌山(ずいがんさん)
御本尊:千手観世音坐像(伝運慶作)
住所:京都市左京区一乗寺小谷町13
拝観:9:00~17:00,休日・休館 年末 (12月28日~31日)
拝観料:大人 \500
電話:075-781-8025
アクセス:市バス5番 一乗寺下り松町下車徒歩7分/叡山電鉄一乗寺下車徒歩15分

山門(さんもん)

IMG_0654.jpg

枯山水「奔龍庭(ほんりゅうてい)」
白砂を雲海に見立て、天空を自在に奔る龍を石組であらわした平成の枯山水。龍の頭部と背中付近にそびえ立つ石柱はかつて井戸の部材として使われていたもので、荒く切り立った石柱は龍の周囲に光る稲妻をも表現し、庭園全体に躍動感を与えています。通常、庭園の境界を示すために配されるはずの留め石は置かれずにこの庭園はあえて未完のままとされています。

IMG_9380.jpg

水琴窟(すいきんくつ)
縁が広い盃型の手水鉢を用いた水琴窟はあまり例が無く、古くから「圓光寺型」として多くの趣味人に愛されてきたそうです。水琴窟は、水滴音を地中に埋めた甕(かめ)に共鳴させてその音を楽しむ、日本庭園文化における最高技法のひとつとされてきました。

IMG_4567.jpgIMG_7002.jpg

庭園もとても美しく、奥には池や竹林もあり、時間を忘れて静かに過ごせます。

ぜひ早起きして澄んだ空気と共に癒されてください。

  1. 4

ベストレート保証

ベストレート保証

公式ホームページでのご宿泊料金は、どの予約サイトよりも最低価格になっております。また、シャンパンや和菓子詰め合わせなどの特典をご用意しております。
※他サイトからのご予約には適応されません。

公式WEBからの
ご予約はこちら

ページの先頭へ