京都二条城そばの京町家スイート

うさぎのつぶやき  宿と観光情報

Category

食事処・甘味処・カフェ2024.01.15
リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー 京都店

皆様こんにちは。

 

先日、リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー京都店へ行きました。

こちらのお店は「フランスと日本の美味しい食材を使ったパン・スイーツを世界に発信」すべく京都・東洞院六角に2店舗目をオープンしました。

店内は、ショップ、工房、カフェがワンフロアにあり、ショップは約15mの大理石カウンター上のショーケースにジュエリーのような綺麗なケーキやパンが並べられています。その光景は、まるで市場にいるようで、魅力的な品々が美味しそうに並べられていました。さらにカウンターの奥に工房があり"作りたてのものを味わえる"、と感じる配置になっていました。

カフェは、白を基調とした広々した空間で清潔感があり、少し込み合っていても70席もあるので窮屈には感じません。カフェで私が選んだケーキはモンブランで、あっさりとした甘さとホロホロの食感で口溶けも良く大変美味しくいただけました。

盆地で寒さが厳しい京都の冬は底冷えと言われますが、暖かいこのお店で過ごすのも良いのではないでしょうか?

 

次回は昨年4月にオープンした京都清水店に行ってみたいです。

IMG20230620130418.jpg

IMG20230620130435.jpg

 IMG20230620132241.jpg

 

リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー京都店

 

住所:京都市中京区東洞院通六角下る御射山町273 プラウド京都東洞院

 

定休日:無休  TEL:075-366-4361

 

営業時間:ショップ9:00~19:00 カフェ9:00~19:00(L.O 18:30)

日々のこと2024.01.01
謹んで初春のお慶びを申し上げます

謹賀新年 卯年から辰年へ

旧年中は大変お世話になり、また、たくさんのお客様にご来館いただきまして、誠にありがとうございました。

京都の除夜の鐘の頃は少し時雨ていましたが、元日の午前中は降ったり止んだりで、宿前を歩く人々の中には傘を持つ人もいらっしゃいました。宿の正面玄関の正月飾りと生け込みは、華やかな1年となるように赤とピンクを主流に使わせていただきました。

今年一年の飛躍を祈願するとともに、皆様と世界に、平和で穏やかな日々が訪れることを祈っています。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2024Jan2.JPG2024Jan.JPG

日々のこと2023.12.29
年末のご挨拶

 

皆様、今年も京宿うさぎをご愛顧いただきありがとうございました

早いもので今年も残すところあとわずかになりました。
長かったコロナからようやく通常に戻れた一年でした。
会いたかった人に会えたり、行きたかった所に行けたり楽しい思い出が増えた一年だったのではないでしょうか。
今年はうさぎ年で京宿うさぎとは縁のある干支でした。可愛らしいうさぎから来年は勇ましい龍の干支になります。辰年は活力旺盛で大きく成長ができる一年になるそうです。

来年も皆様にとって素晴らしい一年になりますよう願いながら、今年のご挨拶とさせていただきます。

よいお年をお迎えください。


京宿うさぎスタッフ一同

A2.jpg

食事処・甘味処・カフェ2023.12.20
カニのおいしい時期に京都で「こっぺ蟹」

皆さんは「こっぺ蟹」をご存じでしょうか。京都では冬の蟹の時期になると和食料理店やお寿司屋などで「こっぺ蟹」をよくいただきます。小ぶりの蟹で、卵をたっぷり抱いた雌ガニをそう呼びますが、これを食べるとご存じの通り、誰もが無言になるのはどの蟹を食べた時も同じですね。

先程お伝えしたように小ぶりですので、その身を取り出して食べるのはとても面倒なので、お食事処でオーダーして食べるのがいいかもしれません。たっぷりと甲羅に盛り付けられたきれいなカニを食べると、あ~今年も冬がやってきた。と感じます。

「こっぺ蟹」は京都での呼び名で、丹波地方で獲られた雌のズワイガニをそう呼びます。近隣の他の地域でも売っているかはわかりませんが、もし京都の料理店などで見つけられたらお試しください。オレンジ色の卵と白い身、それにねっとりした蟹味噌を混ぜてお口に運ぶと、蟹の風味と香りに酔い、日本酒にも酔い、素晴らしい日本料理を満喫いただけると思います。

#蟹かにカニ #こっぺ蟹 #丹波地方 #京都 #京料理 #和食 #蟹味噌 #卵 #雌ガニ #ズワイガニ

koppe.JPG

観光情報2023.12.05
イギリスの風景を感じる英国村

皆様こんにちは。

私は先日、京都亀岡市にある英国村へ行ってきました。

英国村は、ここのスタッフの手作りによって13年間という歳月をかけて1970年代の英国の田舎風景を再現されてきました。英国村は壁で囲われているため、館内へは唯一の出入り口があるセレクトショップをくぐる必要があります。館内エリアへ入ると日本とは思えない風景で、異国ではないかと思いました。歩き回ると、どの建物も情緒ある風景でイギリスの田舎を観光している気分になりました。また外のテーブルで休憩していると、レストランのスタッフが気を利かせて水を持ってきてくださり、優しく対応をして頂きました。ここで飼われている猫も人懐っこく、足元に寄って来て、歓迎されているようで嬉しかったです。

近場で海外旅行気分を味わいたい時は、また訪問したいと思います。

 IMG20230904121344.jpg

IMG20230904124421.jpg

 

英国村

 

〒621-0124 京都府亀岡市西別院町柚原水汲12

定休日:無休   TEL:0771-27-3004

営業時間11:00 - 17:00

入場料:2000円

駐車場代:1000円

 

 

アクセス

高速道路京都縦貫自動車道 亀岡ICから約7km

  1. 4

ベストレート保証

ベストレート保証

公式ホームページの宿泊料金は他社予約サイトよりもお得なプラン価格設定がございます。公式サイトから予約されますと、特製グッズ・アルコール類・菓子詰合せなどいずれかの特典をご用意いたします。
※他社予約サイトには適応されません。

公式WEBからの
ご予約はこちら

ページの先頭へ