京都二条城そばの京町家スイート

うさぎのつぶやき  宿と観光情報

Category

観光情報2017.07.29
法金剛院

 梅雨も明け、京都では夏本番を迎えつつあります。

 蒸し暑く出かけるのも億劫になりがち日が続きますが、今こそ見ごろなスポット「法金剛院」をご紹介します。

DSC_0304.JPG

 京宿うさぎからは、JR二条駅から乗車して二駅 およそ15分で到着です。(二条駅より2駅目 花園駅すぐです。)

平安時代に建てられたこちらのお寺の見どころは、季節によって表情を変える庭園です。

DSC_0293.JPGDSC_0272.JPGDSC_0257.JPG

 写真を見てお気づきかもしれませんが、枝垂桜や紅葉がいたるところにあるお寺なので、春は桜色、夏は緑色、秋は紅・黄色に染まる庭園を楽しむことができます。

 この時期ですと法金剛院が「関西花の寺二十五ヵ所」に選定された所以である、お池一面に溢れた睡蓮を鑑賞することができます。 

DSC_0251.JPG

DSC_0265.JPGDSC_0267.JPGDSC_0242.JPG

 法金剛院は「蓮の寺」と呼ばれるほど、京都の中でも有名な睡蓮の観光スポットです。

 もちろん、先に述べたように季節によって桜や紅葉も存分に味わえます。

 京宿うさぎに来られた際には、アクセスも容易なので是非立ち寄ってみてください。

観光情報2017.06.19
祇園祭りは"はも祭り"

6月の京都は、まるで梅雨が明けたかのような夏の日差しが降り注いでおります。

皆さまお元気でお過ごしでしょうか。

さて今回は、京都の夏の風物詩である、祇園祭りと はも料理の密接な関係についてご紹介いたします。

日本三大祭りの一つにあげられる祇園祭りですが、よく知られる16日の宵山、翌日の山鉾巡行だけでなく、7月1日(吉符入)から31日(疫神社夏越祭)まで、1ヶ月にわたって祭事がくりひろげられる壮大なお祭りです。

また、山鉾行事は、国の重要無形民俗文化財に指定されたほか、平成21年にはユネスコの無形文化遺産に登録され世界的にも重要な文化遺産として認識されるようになりました。

images2BWZ3S4Q.jpgDPP3_0493.jpg

そんな歴史、伝統をもつ祇園祭りですが、長いお祭り期間の間に「はも」を食す慣わしがあり、俗に"はも祭り"と言われていることをみなさんご存知でしょうか?

なぜ祇園祭りの時期に、たくさんの はもが食べられ、夏の京都に欠かせない存在になったかと言うと・・・。

今日のような交通手段がなかった いにしえ には、海から遠い京都では新鮮な魚介類を手に入れることは難しいことでした。特に祇園祭りを迎える夏には、道中で多くの魚たちが息絶える中、生命力の強い はも だけが瀬戸内や明石から生きたままやって来たそうです。

その生命力の強さたるや、鮮度を保つために絞めた後も咬みついてくるそうで、名前の由来も、食(は)む(咬みつくの意)がなまって"はも"となったとも言われています。

生命力の強い(鰻もそうですが)魚を食べると精が付く という考え方から、京都の人は好んで はも を食していたようです。 

また、はも は梅雨の雨を飲んで旨くなると言われており、梅雨の明ける7月になると脂が乗り始め旬となります。

そこから祇園祭りとかけて"はも祭り"となったのでしょう。

はもの絵.jpg

しかし はも には、 頭から尾にかけて連なるように生えている小骨があります。食用としては不向きな代物でしたが、京都の職人が試行錯誤の末食べられるようにしたわけです。

骨切り.jpg

「骨切り」と呼ばれるその技術は、皮一枚を残し、はもの身1寸(3.3センチ)の間に包丁でなんと2426回の切り目を入れていくというスゴ技なのです。骨切りが一人前になるには10年はかかると言われることからも技術の難しさがわかります。

骨切りされた はもを1.cm~2cmに切り分け熱湯の中にくぐらせると、皮と身が反り返り 真っ白いお花のような芸術品へと変貌します。

 

暑い京都の夏には「 はも 」がなくては始まらない。そんな声に応えて、美味しい「 はも料理 」のご紹介をいたします。

----------------------------------------------------------------------

直志庵(じきしあん)

阪急西院駅から歩いて5分ほどの路地裏に在り、隠れ家のような落ち着いた雰囲気で絶品の京料理が味わえます。

これからの季節は、「 」の「 はも料理 」がオススメです。きっと舌鼓を打たれることでしょう。

「直志庵 はものフルコース」お料理の一部をご紹介いたします。

IMG_6374.JPGはもと生麩の椀物。繊細なお出汁の味わいが体に染み入ります。

IMG_6375.JPGなんとも贅沢な、はものうす造り、落とし、炙りの3種盛り。

IMG_6376.JPGはもの源平焼き(はもの山椒焼と白焼き)。もうほっぺたが落ちそうです。

IMG_6377.JPG彩り豊かな八寸。黄色いズッキーニの器までいただきました。

IMG_6381.JPGお野菜と はもの天ぷら。さっぱりとしていてペロリといただけます。

IMG_6379.JPG

メインは、はもしゃぶ! はもを最も美味しくたべる食べ方と言われます。 職人さんの手で丁寧に骨切りされた はもたちをお湯にくぐらせると、かわいい白いお花が咲きます。

はもしゃぶのだし汁を使った雑炊の味は、はもの旨味をお米が吸い込んで・・・もう たまりません!

はも椀アップ.jpg

今年の夏は、壮大なお祭りと絶品 はも料理が一度に楽しめる京都でお過ごしになられてはいかがでしょう。

 ----------------------------------------------------------------------

直志庵「はも料理」付き宿泊プランをご用意しております。おすすめです!

充実の はもづくしフルコースを、是非 ご自身の目と舌でご堪能ください!

https://www.489pro.com/asp/489/menu.asp?id=26000028&ty=ser&list=YES&lan=JPN&liop=1#24

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

観光情報2017.03.25
二条城 桜祭り&東大手門特別公開2017

日中の日差しは暖かいですが、まだまだ朝晩との寒暖差に体調を崩しそうです。

3月も終わり間近、今年もまた桜の季節がやってきます。

hsnijyou1.jpg

京宿うさぎの近くの桜の名所と言えば、二条城。今年も桜祭りが開催され、期間中は夜間のライトアップもあります。

06_nijojo.jpg

期間 2017324日(金)~416日(日)

ライトアップ時間 18002130(入場は2100まで)

料金 大人 400円(和装の方は入城無料)

 

また、約三年間の修復工事がなされていた東大手門もようやく工事が終わり、再び荘厳な門を望む事ができます。

この東大手門の修復完成記念として、通常は非公開の門内部を公開するとの事です。

 

期間 2017324日(金)~731日(月)

受付時間 8:451630

料金  400円(入場料別)

 東大手門.png

二条城建築当時は櫓門のように2階建てだったそうですが、一旦1626年に一重の門に建て替えられ、再度1662年には 当時発生した地震の復興に際し、現在の様にまた櫓門に戻したそうです。

朝廷・幕府、京都そのものの歴史を長らく見てきた東大手門がまた新しく修復され、今日の京都を見守ります。

そんな歴史的な門の内部を見る事ができ、普段は見られない夜の二条城を桜と一緒に楽しめるなんてとても幸運なことですね。

桜は恐らく3月末頃に開花かと思われますが、ピカピカの東大手門、ライトアップされる二条城を美しい桜と一緒に是非楽しんでください。

sakura.jpg

観光情報2017.03.07
北野天満宮 梅苑2017

3月に入り、まだ寒い日もありますが、少しずつ気温も上がってきて、もう春も目前ですね。

北野天満宮では、2月から梅苑が公開されています。

mnbvafsz9i-208x300.jpg

北野天満宮は、学問の神様である菅原道真公がまつられている神社で、菅原道真公ゆかりの梅が、なんと50種約2000本があり3月末まで長く楽しめます。

平安初期、当時政権を握っていた藤原一族を快く思っていなかった宇太天皇に見初められ、藤原一族滑落のために活躍したのが菅原道真公でした。

菅原道真公は幼少より和歌の才能にめぐまれ任官後は政治にもその才覚をあらわし、右大臣の地位にまで上りつめます。

しかし当然、藤原家からの反感を買ってしまった菅原道真公は、突然、九州の大宰府への異動を命じられます。

そして、妻子と離れ一人旅立つことになった時、後の世に広く伝えられるようになった和歌「東風(こち)ふかば にほひをこせよ 梅の花 あるじなしとて 春なわすれそ」を詠み、梅との別れを惜しみました。風流人である道真公は、屋敷内の梅の木をとても愛でていたのです。

道真公が大宰府で都を懐かしんでいる頃、残された梅は道真公を慕い、1夜のうちに大宰府まで飛んでいって降り立ったといいます。これが飛梅伝説、北野天満宮のご神木とされている梅の木は、飛梅より株分けして伝説伝承の木であるとされています。

道真公が大宰府で失意のうちに亡くなると、都(京都)には落雷などの天変地異が起きるようになり道真公の呪いではないか?といううわさが広まりました。そこで道真公の霊を慰めるために創建されたのが北野天満宮。天暦元年(947)、今から1000年以上前のことです。

kianotenmanguume1-e1423465158619.jpg

北野天満宮の梅苑で一足早い春の訪れを感じ、道真公の歴史にも触れてみてください。

観光情報2017.03.02
京都・東山 花灯路2017

年が明けたと思えば、あっという間に3月になりました。

まだまだ夜は寒いですが暦上では春。日中の日差しからは確かに春らしさを感じるときがあります。

京都の数あるイベントの中でも、春を告げる人気のイベント、「花灯路」が今年も開催されます。

f0155048_1252333.jpg

今年のテーマは「花」。33日(金)~12日(日)点灯時間 18:0021:30まで。

道沿いに小さな灯路が設置されるので、古都の雰囲気を残す石畳や町屋が綺麗に照らされ奥ゆかしい美が淡く映し出されます。

map_2017.jpg

ライトアップエリアでは現代生け花の展示や、期間中特別拝観として清水寺、青蓮院、知恩院などもライトアップされます。

chion4207-1024x681.jpgsyourenin.jpg

協賛事業として、花の日本舞踊「春乃流」奉納舞踊や、京都市と相互交流を行っている新潟市・会津若松市による観光PR、大正時代の有名な美人画家 竹久夢二の「夢二の裸婦展」なども併せて開催されます。

takehisa.jpgいつもはライトアップだけ見ている方も、是非それ以外の催し物や展示されている作品で春を楽しんでくださいね。

花灯路2017.jpg

  1. 11

ベストレート保証

ベストレート保証

公式ホームページでのご宿泊料金は、どの予約サイトよりも最低価格になっております。また、シャンパンや和菓子詰め合わせなどの特典をご用意しております。
※他サイトからのご予約には適応されません。

公式WEBからの
ご予約はこちら

ページの先頭へ