京都二条城そばの京町家スイート

うさぎのつぶやき  宿と観光情報

Category

観光情報2021.01.24
雪見初詣~貴船神社

三寒四温が続きますが、皆様おかわりありませんか?

IMG-5652.jpg

お正月過ぎに、貴船神社へ初詣に行きました。

雪がほぼ溶けて、路面が凍っていましたので、足下に気をつけながら神社へ。

IMG-5661.jpg

水の神様を祀る貴船神社は絵馬発祥地として知られていて、縁結びでも名高いです。

IMG-5664.jpg

貴船神社といえば「水占みくじ」が人気です。何も書いていないおみくじを境内のご神水に浮かべると文字が浮かび上がってきます。

新年の運を水占みくじで占うのも良いですね。

IMG-5667.jpg

お参りの次は奥宮に向かいました。

IMG-9507.jpg

雪に包まれた奧宮は荘厳な雰囲気が漂っています。

貴船神社は自然に囲まれて四季折々の景色が楽しめます。

皆様も一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

観光情報2021.01.12
初詣~御金神社へ~

皆様、こんにちは。

先日、御金神社₍みかねじんじゃ)へ初詣に行ってきました。

京都市中心部の住宅街にポツンとあり、金色の鳥居が一際輝きを放っています。

御金神社.jpg

その名の通り金運にご利益があるとされていて、京都随一の金運パワースポットとして名高い神社です。

金山毘古命(かなやまひこのみこと)を主祭神とし、元は個人のお屋敷内に「邸内社」としてお祀りされていました。金属にゆかりのあるご祭神であることから参拝を願う人々が絶えなかったことで現在の社殿が建立されたそうです。

現在では口コミが広がり、全国各地から参拝者が訪れるようです。

御金神社2.jpg

御金神社は24時間参拝可能です。

京宿うさぎからもほど近く、徒歩15分程の距離にございますので、お近くにお越しの際は足を運ばれてみてはいかかでしょうか。

観光情報2020.12.10
京都人気の観光スポット~伏見稲荷大社

京都人気の神社と言えば間違いなく伏見稲荷大社ですよね。

毎年大勢の人が訪れて、必ず写真を撮る撮影スポット。コロナの影響で観光客が少なく、美しい千本鳥居の写真が撮れました

IMG-4102.jpg

本殿から奥に進むとずらっと並ぶ千本鳥居が登場します。

IMG-4112.jpg

千本鳥居をくぐる際に願い事が通る、又通ったと言うそうです。

現在は稲荷山全体で約1万基程の鳥居があり、数も増え続けるらしいですよ。

IMG-4127.jpg

伏見稲荷大社の魅力は千本鳥居だけではなく、お山めぐりも楽しめます。

本殿から稲荷山の頂上までおよそ一時間かかります。途中、四ツ辻でちょっと休憩して、京都市内を見渡す絶景が楽しめます。時間に余裕があれば、是非歩いてみて下さい。

IMG-4150.jpg

京宿うさぎから伏見稲荷大社へのアクセス

・JR二条駅より

JR山陰本線「二条駅」に乗車→「京都駅」で下車→JR奈良線「京都駅」で乗り換え→「稲荷駅」で下車後、徒歩1分

・地下鉄二条駅より

地下鉄東西線「二条駅」に乗車→「三条京阪駅」で下車→京阪本線「三条駅」で乗り換え→「伏見稲荷駅」で下車後、徒歩3分




観光情報2020.11.27
京都観光~平安蚤の市へ~

先日、平安神宮前の岡崎公園で行われた「平安蚤の市」に行ってきました。

毎月ほぼ10日に開催されているそうで、青空の下たくさんの骨董店や古道具店、古着店が集結

平安神宮.png

平安蚤の市.png

普段あまり目にできないものばかりで、あちらもこちらもと、端から端までじっくりと楽しめました。

約150店のお店が全国から集うようで、毎回新しい出会いがあるのも魅力ですね。

また、岡崎公園周辺には今年3月にリニューアルされた京セラ美術館もございます。

館内には5月にオープンし、すでに話題のカフェ「ENFUSE」が併設。

地元ベーカリーのサンドイッチや京の素材をふんだんに使った香菜プレートを頂けるそう。

平安神宮への参拝や蚤の市を散策後にコーヒーブレイクも良いですね。

京都観光に皆さまも足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

 

〇『平安蚤の市』次回開催予定日時:12月10日(木)9:00〜16:00

 

〇京宿うさぎから平安神宮(岡崎公園)へのアクセス

■  「二条駅」前よりバス

市バス46系統「千本三条・朱雀立命館前行」に乗車 ➡ 岡崎公園・美術館・平安神宮前で下車後、徒歩5分

■  「二条駅」前より電車

地下鉄東西線「六地蔵行」に乗車 ➡ 東山駅にて下車後、1番出口より徒歩10分

観光情報2020.08.18
2020年 五山送り火に願いを

今年は、夏の伝統行事である 京都五山送り火 も、例年とは違う形で行われました。

新型コロナウイルス対策として、見物客が密集することを避けるため、規模を大幅に縮小し、点火箇所を絞って文字や形をなさない送り火という異例な形となったのです。

  毎年8月16日の午後8時から約1時間、京都市内を囲む山腹が炎で灯され、巨大な「大」の文字が2つ、「妙・法」の文字、「舟」「鳥居」の形が闇の中に浮かび上がり、京都五山送り火と呼ばれています。いつ頃から行われているか定かではありませんが、室町時代から江戸時代にかけて定着したとされています。

 京都では8月に入ると、個々の家でお精霊(しょらい)さん(先祖の霊)を迎える行事が行われます。16日に行われる五山の送り火は、この先祖の霊を再び冥土に導き、先祖の霊や生きている人の無事息災を祈るという行事なのです。 亡き人をしのび、家族に思いを寄せる大切な習わしですね。

まず東山の如意ケ嶽の中腹に火がともされ、「大文字」が浮かび上がります。続いて、松ケ崎の「妙・法」、西賀茂の「舟形」、大北山の「左大文字」、そして、嵯峨の「鳥居形」へと、東から西へ順々に点火されていきます。ほんの短い時間ですが、夜空に浮かび上がるその姿は壮大で、5つの送り火すべてが京都市登録無形民俗文化財となっています。 

 昔、太平洋戦争中に、灯火管制や薪(まき)の不足で、送り火が中止を余儀なくされたことがありました。 その際には、地元住民の呼び掛けで、人文字で「大文字」が描かれたのです。 白体操着の国民学校生(小学生)400人と白シャツ姿の市民たち、合わせて800人が、早朝の如意ケ嶽に登り、文字を象りました。その様子は、「山腹にパッと白の大文字咲いて」と当時の新聞に報じられています。どんな大変な状況の中でも、大切なことは伝承したいという思いが感じられます。 

 今回も感染拡大防止のためとは言え、大切な意味を持った伝統行事を中止にしても良いものか、各保存会と「京都五山送り火連合会」では長い時間をかけて議論を重ね、悩みに悩んだ末、大幅に規模を縮小しての実施となったそうです。

また、「大切な人のため 送り火は家(うち)から」を合言葉に、自宅やテレビ、インターネット配信で今年の送り火を見るよう呼び掛けて、NHK・BSプレミアムやKBS京都などで生中継が行わました。 

 私もテレビの生中継で、送り火が次々と点灯されてゆく様子を拝見しました。 点火前には新型コロナウイルスで亡くなった方や、九州を中心とした7月の豪雨災害の犠牲者のために黙とうがささげられ、午後8時の合図とともに東山如意ケ嶽の「大文字」火床6カ所が一斉に点火されました。 僧侶の読経を聞きながら、燃え盛る炎を見つめているうちに、ご先祖様に想いを馳せ、自然と手を合わせておりました。 天候も良く、揺れ動く炎のひとつひとつが美しく見えて、とても厳かに感じられましたので、こんな静かな送り火も良いものだと思いました。 

様々な人の思いや願いが込められた京都五山送り火。 来年は全てが点灯して行われることを心から祈っております。

 東山大文字2020.jpeg

東山如意ケ嶽の「大文字」 (撮影者 岡田照子さん 撮影地 寺町御池)

  1. 7

ベストレート保証

ベストレート保証

公式ホームページの宿泊料金は他社予約サイトよりもお得なプラン価格設定がございます。公式サイトから予約されますと、特製グッズ・アルコール類・菓子詰合せなどいずれかの特典をご用意いたします。
※他社予約サイトには適応されません。

公式WEBからの
ご予約はこちら

ページの先頭へ