京都二条城そばの京町家スイート

うさぎのつぶやき

京都2018.07.01
トリップアドバイザーで人気 京都伝統産業ふれあい館!

夏本番まであとわずか、日増しに暑くなっていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

本日は、京都伝統産業ふれあい館のご紹介をいたします。

京都は千年の都、歴史的な建造物だけでなく、現代まで時代を超えて連綿と続く伝統技術の世界が多く残された町でもあります。和食なら「京料理」、漆芸なら「京漆器」、その他にも「京焼・清水焼」「京友禅」「西陣織」「京竹工芸」「京象嵌」「京くみひも」「京仏具」・・・京や京都の地名を冠した伝統産業は枚挙に暇がありません。

 京都伝統産業ふれあい館は、そのような京都の歴史と文化を伝える伝統工芸品 74品目 約500点 を一堂に集め、その優れた価値や魅力を体系的に紹介する国内でも有数の展示場です。 

 

場所は東山の岡崎、平安神宮にほど近い、京都市勧業館「みやこめっせ」の地下1階にあります。この近辺には多くの美術館や動物園、劇場などが集っており、イベントの開催なども多く年間を通じて賑わうエリアです。

IMG_2793-2.JPG

びっくりするのは、これだけの種類、点数の伝統工芸品が "無料" で見られることです! 

世界最大の旅の口コミサイト,トリップアドバイザーが発表する「無料観光スポットランキング2017」で、京都伝統産業ふれあい館 は 国内5位に選ばれています。修学院離宮、桂離宮といった名所に次いでランク入りしているのですから その評価の高さが分かります。 

 

では、ふれあい館をご案内しましょう。 

広々とした館内に展示されている、扇子、西陣織、陶磁器、組紐、竹工芸、和ろうそく・・・どれをとっても精巧で見事な作品で、美と技が凝縮されていると感じます。

06-2ふれあい館館内.jpgふれあい館館内(出典:京都伝統産業ふれあい館) 

 

面白いのは、展示されているものの中で、購入できるものもある点です。普通の美術館や博物館ではこうはいきませんね。

04-2焼き物.jpg陶磁器(出典:京都伝統産業ふれあい館)

 単に展示するだけでなく、歴史や制作工程などをわかりやすく解説しているところも魅力です。伝統工芸品は 実に多くの過程を経て完成します。その工程を知ることで、美と技の世界を深く知ることができます。 

03-2京漆器制作工程.jpg京漆器制作工程(出典:京都伝統産業ふれあい館)

02-2説明パネル.jpg説明パネル(出典:京都伝統産業ふれあい館)

 

毎月、京象嵌や京友禅など様々なジャンルの職人による制作実演が行われています。一つの精緻な作品が完成するまでにどのような作業がなされ、どれほどの手が加えられるか、熟練技を間近に見ることができます。直接制作の苦心やこだわりを伺うこともでき、完成品を見るだけでは分からない価値を感じとることができます。 それに京都人である職人さんと触れ合うことで、きっと京都の暮らしや文化を肌で感じられますよ。

04-2京象嵌実演.jpg京象嵌実演(出典:京都伝統産業ふれあい館)

tsuzure実演_02-2.jpg綴織り実演(出典:京都伝統産業ふれあい館)

この他に摺型友禅染の体験や、芸舞妓による演舞を間近で見学することも出来ます。(*体験、演舞の開催日程、時間は最新の情報をご確認ください)

02-2摺型友禅染体験.jpg摺型友禅染体験(出典:京都伝統産業ふれあい館)

 

展示内容は定期的に入れ替えられます。年数回は「季節」「職人の道具」というような今までにない切り口の企画展が開催され、何度も訪れたいと思わせてくれるところです。 この他伝統工芸関係の専門書や図録などが充実した図書コーナーや、お土産になる伝統工芸品が購入できるミュージアムショップもあり、学びや楽しみが満載です!

 京都伝統産業ふれあい館は、気軽に京都の伝統産業や文化を堪能できる素晴らしいところだと思います。伝統工芸品を通じて歴史や文化を理解することで、日本人としての誇りを思い起こさせ、アイデンティティーを確認できる気がします。

皆様も是非、京都伝統産業ふれあい館を訪れて、京都とふれあってみてくださいね。

IMG_2790-2.png

京都伝統産業ふれあい館 ホームページ https://kmtc.jp/

お知らせ2018.06.09
初夏、京都の花めぐり

日に日に暑さが増し、京都は美しい雨の季節に入ろうとしています。

皆さまお元気でお過ごしでしょうか。

 

京都では、夏本番前にこの季節だけの可憐な花たちが咲き揃ってきております。

雨にぬれても更に美しい花々に会いに京都に遊びにいらっしゃいませんか?

 今回はいくつか京都でとっておきの花のスポットを、近くのスイーツ処、食事処を交えてご案内したいと思います。

 

【梅宮大社】うめのみやたいしゃ

季節の花咲く神苑に、個性豊かなアジサイがずらり。

東神苑から北神苑にかけてなんと約140種が楽しめます。

写真1.jpg

時期:5月下旬~6月中旬

住所:京都市右京区梅津フケノ川町30

料金:境内自由、神拝観料大人550円、小中生350円

時間:神苑9:00~17:00

最寄り駅:阪急松尾大社駅

  

【天龍寺】てんりゅうじ *ハス、キキョウ、アジサイ

極楽浄土を思わせるハスの群生地。水面に立ち上がるように育つのが特徴です。

早朝には白や薄紅色の大輪が一斉に開き、まさに極楽浄土のよう。

写真2.jpg

時期:6月下旬~8月中旬

住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68

料金:一般500円、小中生300円、

時間:8:30~17:30

最寄り駅:阪急嵐山駅

 

*お食事処:嵐山よしむら

渡月橋のたもとにあり、二階からの眺めはなんとも贅沢です。

いつ行ってもとても混んでいるので早めに名前を記入し順番を待ち、その間にさらに嵐山散策をされてはいかがでしょうか。二種のおそばが付いてくる「渡月善」は一押しです。

 

 

【龍安寺】りょうあんじ *スイレン

世界遺産の寺を飾る水面の花

山門を入ると左手に広がる「鏡容池」はスイレンの名所です。

古くは貴族が船を浮かべて遊んだといいます。

写真3.jpg

時期:5月中旬~8月下旬

住所:京都市右京区龍安寺御陵下町13

料金:大人(高校生以上)500円、小中学生300円

時間:8:00~17:00

最寄り駅:京福電鉄 龍安寺駅

 

【平安神宮】へいあんじんぐう *ハナショウブ、カキツバタ、

由緒ある日本のハナショウブを鑑賞

日本古来のハナショウブ約200品種2000株が咲き誇ります。

見頃の時期には「八ツ橋」が掛けられ池の水面を歩くように鑑賞できます。

写真4.jpg

住所:京都市左京区岡崎西天王町97

料金:一般600円、中学生以下300円

時間:6:00~18:00、神苑8:30~18:00(受付は閉苑の30分前まで)

最寄り駅:地下鉄東西線 東山駅

*神苑無料公開:6月8日、9月19日8:30~16:30

 

*お食事処:卵sagiの一歩 

京都のおばんざいが食べられる古民家カフェです。

おばんざいのスペシャルセットはすべてのおかずを楽しむ事が出来ます。

  

どうぞ、この季節ならではの京都をお愉しみくださいませ。

京都2018.05.12
葵祭 2018

皆さま、こんにちは。

 

京都三大祭の一つ、葵祭。

5月初旬より前儀が行われてきた葵祭もいよいよ5月15日(火)に王朝行列が行われます。

かつては上賀茂神社、下鴨神社の例祭で「賀茂祭」と呼ばれていましたが、内裏宸殿の御簾や牛車(御所車)、勅使、供奉者の衣冠にいたるまで葵の葉で飾るようになったことから、「葵祭」と呼ばれるようになりました。

王朝行列では、天皇の使いで行列中の最高位者である『勅使代』を中心にした本列と、『斎王代』を中心にした斎王代列に分かれ、

総勢500余名、馬36頭、牛4頭、牛車2基、輿1台の大行列が、京都御所を出発し、下鴨神社・上賀茂神社へ新緑の都大路を平安絵巻さながら、ねり歩きます。

紫式部の「源氏物語」の中でも、葵祭を見物しようと、一騒動が起こる場面が描かれています。

どんな内容だったか調べてから見に行くと、より深く楽しめることと思います。

 

5-13-5-19.png

現代の祭の中でも、平安時代の風習が今に伝わる貴重な祭です。平日の開催ではありますが、毎年多くの人で賑わいます。

ぜひ、京都ならではのお祭りを歴史とともに実際に体感してみてください。

housen2[1].jpg

京都2018.05.05
まるっと一日宇治

皆様こんにちは。

 

先日、二条から少し足を伸ばして、宇治へ行ってきました。

お天気がとっても良く、初夏のような気候で行き交う観光客の方も半袖で歩いていました。

  

JR二条駅から京都駅に行き、そこからJR奈良線に乗り換え約20分程で宇治に到着します。

地図で見ると少し遠い気もしますが実際には程よいデイトリップの距離です。

 

京都駅からはこれでもかというくらいギュウギュウに電車に押し込まれ、地面に足が付かないんじゃないかと思うくらい。

でもそれは伏見まで。90%のお客さんは伏見稲荷観光でした。

 

その後は優雅に源氏物語を読みながらあっという間に宇治へ。

 

DSC_0527.JPG

 

前日に突然思い立って来てしまったので、ノープラン。

とりあえず駅すぐ横の観光案内所へ。

 

とびっきり元気なスタッフの方がとても親切に観光名所を教えて下さいました。

 

初めに、源氏物語ミュージアムへ行きました。

 DSC_0531.JPG

思っていたよりコンパクトなミュージアム、しかしそこはあの物語を読んだことのある人にはたまらない場所でした。

2018-04-10-10-51-09.jpgのサムネイル画像

 

ミュージアムを出てさわらびの道を少し歩くと、大吉山があります。

20180410114827.JPG

片道約25分。登山道はきれいに手入れされていて、しっかりした登山シューズではなくても簡単に頂上まで行けました。

 

20180410115315.JPG

 

 下山して次に向かったのが国の重要文化財である氏神神社。

 

DSC_0540.JPG

 

そして更に歩いていくと、あの朱色の橋、朝霧橋に出ます。

源氏物語、浮舟と匂宮の有名なシーンの場所です。

 

DSC_0543.JPG

 DSC_0542.JPG

とっても綺麗でした。

しかし上流にダムがあると言えどやはり流れが速く、落ちたらひとたまりもないだろうなと思いました。

 

DSC_0561.JPG

 

朝霧橋を渡り、橘島・塔の島を越え。。

 DSC_0548.JPG

 

平等院!そもそもここは別荘。それを藤原道長が譲り受け、その子頼通が寺に改めました。

DSC_0549.JPG

20180410133812.JPG

 

最後に足を運んだのが、宇治橋通りにある商店街。

ここでとっても美味しいスイーツに出会いました!

 

2018-04-10-15-13-31.jpg

左手にあるのが酒粕のアイスクリームに抹茶パウダーがかかったもの。

濃厚な酒粕のアイスにさっぱりでも濃厚な抹茶がとっても合います。

店内手作りだそうです。

 

右手にあるのは抹茶ラテ。これまた優しい味で一日歩き回った後の身体にしみます。

 

そろそろ日が暮れ始めJRで帰宅。

 

電車でのアクセスに便利で宿泊は京都市内でも簡単に行けちゃいます。

是非、皆様も足を伸ばしてみてはいかがですか。

DSC_0569 - コピー.JPG

京都2018.04.12
角地の床屋さん

京都の床屋さんは角地に多いです。

京都の理髪店の約半数が角地にあるそうです。

江戸時代の京都は町ごとに分けられていました。

四つ辻(角地)には町と町との境界となる木戸門があり、夜になると防犯のために閉じられ、

町と町の間を自由に行き来することができませんでした。

木戸門には番人が常駐しており、門を閉ざした後も門限に間に合わなかった町人や、

急を要する者(火消し、医者、産婆 等)の出入りの番をしていました。

番人は給金で雇われ、門に隣接した番小屋に常駐していましたが、仕事も忙しいものではなく、

給金も安かった為、番小屋で副業を始めるようになりました。

その副業として人気があったのが髪結いでした、髪結いは狭い番小屋の中での営業に適していました。

明治になり、木戸は廃止されましたが、木戸番の床屋は残りました。

このような経緯で現在も理髪店の多くが角地にあるというわけです。

20180412_1.jpg京宿うさぎの近所の理髪店を撮影してきました。

20180412_2.jpg20180412_3.jpg確かにレトロで雰囲気が素晴らしい理髪店は角地にあります。

  1. 9

ベストレート保証

ベストレート保証

公式ホームページでのご宿泊料金は、どの予約サイトよりも最低価格になっております。また、シャンパンや和菓子詰め合わせなどの特典をご用意しております。
※他サイトからのご予約には適応されません。

公式WEBからの
ご予約はこちら

ページの先頭へ