京都二条城そばの京町家スイート

うさぎのつぶやき  宿と観光情報

Category

観光情報2020.07.03
京の夏の風物詩 納涼床

皆さま、こんにちは。

京都では、例年のようなじっとりとした梅雨ではなく、今年は晴れ間が多いように感じます。お散歩していると、あちらこちらにたくさんのアジサイを見かけます。この時期ならではの風景に癒されますね。

今年の夏も納涼床がたてられました!京の夏の風物詩ですね。納涼床の歴史は古く今から400年ほど前、豊臣秀吉の三条、五条橋の架け替えなどを経て、鴨川の河原は見世物や物売りで賑わいました。それにともない、富裕な商人が見物席を設けたり、茶店ができたりするようになり、これが納涼床の始まりと言われています。

第二次世界大戦の影響で半永久的に床は禁止され、納涼床の光が消えましたが、戦後復活します。納涼床の基準がつくられ、「鴨川納涼床」が地域ブランドとして商標登録されました。今では納涼床の申請が100軒を数えるまでになったそうです。

昨年の納涼床の様子をご紹介します。昼間の強い日差しと高い気温とは打って変わって、夕方の空を見渡しながら川の上の流れる風を感じ、夕涼みの中でお食事が頂けます。

床写真.jpg

夕方景色.jpg夕方景色2.jpg暗くなるとまた雰囲気がガラッと変わり、ライトアップされた橋や賑やかな声に気分が高揚しますね。

夜写真.jpg

京都にいらっしゃる際は、夏の風物詩を楽しんでみてはいかがですか。

京宿うさぎから地下鉄二条駅で約13分、タクシーで約15分で木屋町御池(鴨川納涼床の北側のエリア)に到着します。

夏休みのご予定はお決まりですか。是非京宿うさぎの京町家スイートにお泊り下さい。

観光情報2020.03.23
二条城桜まつり2020

皆さまこんにちは。日差しが暖かくなり春の訪れを感じてきました。

今年も二条城桜まつりが開催されております。桜まつり期間中はライトアップが行われ、夜桜を眺めることができます。

300本の早咲きの桜から遅咲きの桜があり、3月下旬から4月中頃まで楽しむことができます。

 

期間:2020年3月20日(金・祝)~4月12日(日)

ライトアップ:午後6時~午後9時(午後10時 閉場)

※コロナウィルス感染拡大防止のため、イベントが中止となりました。その他多くのイベントが中止や延期されておりますので、公式ページでご確認ください。

昨年の桜まつりの様子と京宿うさぎ「お池」の垂れ桜をご紹介します。

VTKGE9472.JPG唐門ではプロジェクトマッピングが上映され、桜が風によってきれいに宙を舞っているかのようで、足を止めて見入っている方がたくさんいらっしゃいました。

AMEDE6465.JPGASEOE9338.JPGライトアップされた苑内はいつもの二条城とは全く異なった雰囲気で、暗闇に光る明かりが人々の心を癒しているようでした。

春の京都を感じに是非、京宿うさぎにいらして下さい。

お部屋"お池"の庭には垂れ桜があります。タイミングを合わせればお部屋でお花見を独り占めできますよ。

下記の写真は昨年の垂れ桜です。

2019お池.JPG

今年はどのような花を咲かせてくれるか楽しみです。

観光情報2020.02.02
春を告げる「天神さんの梅開き2020」北野天満宮

みなさま、こんにちは。京都の冬は底冷えして寒いと言われますが、今期の冬はとても暖かく過ごしやすい日々を送っています。

そんな暖かい冬ですと、梅の咲く時期も早いのではないでしょうか。

北野天満宮で毎年行われている梅苑の公開。梅約50種、約1500本の紅白の梅が咲きます。

例年、梅苑の公開は2月上旬から5月の終わりごろまでです。

梅苑.jpg

今年は少し早く、131日から開苑されています。

梅苑開苑時間は午前9時から午後4時(受付終了時間)までです。

そして228()322()の期間の金・土・日にはライトアップがあります。

時間は日没~午後8時(受付終了時間)までです。

また北野天満宮で実った梅の実を使った「大福梅」がとても人気です。

神職・巫女が一生懸命に一年を通して作った「大福梅」は、天神様のご神徳が宿ると言われています。

12月13日の「大福梅」授与から12月25日の終い天神まで授与されていますが、運が良ければ買うことができるかもしれません。

京宿うさぎから北野天満宮までは、タクシーで約10分。バスは二条駅前のバス停より約12分です。

一足早い春を感じませんか。

 

観光情報2020.01.27
壬生大念佛狂言

今年は暖冬で寒いのが苦手な私には有難い気候です。皆さまはいかがお過ごしでしょう。

もうすぐ節分ですが、京宿うさぎにも近い壬生寺での節分行事をご紹介いたします。

 

壬生寺は御所から見て南西(裏鬼門)に位置し、節分のお祭りをして鬼を封じるという意味があるそうです。因みに表鬼門は吉田神社でこちらも賑やかにお祭りが行われます。

 

今回は、壬生寺の行事「節分会(せつぶんえ)」で公開される「壬生狂言」についてです。

壬生狂言は、正しくは「壬生大念佛狂言(みぶだいねんぶつきょうげん」と言い、昭和51年に国の重要無形民俗文化財として、京都府下では第一番に指定を受けています。

 

壬生寺は、境内の壬生塚に新選組隊士が祀られていることで有名ですが、「壬生寺のカンデンデン」と親しまれる、伝統芸能「壬生狂言(みぶきょうげん)」も大変人気が高く、年に3回ある公開時には数多くの方が訪れ、屋台の出店とお参りの人で溢れかえる大賑わいです。

 

壬生狂言の始まりは、鎌倉時代に勧善懲悪・因果応報という仏の教えを分かりやすく伝えようとしたもので、なんと700年以上の歴史があります。

すべての演者が仮面をつける無言劇で、鉦(かね)や太鼓、笛の囃子(はやし)に合わせて身振り手振りで演じます。 

衣装や道具も京の伝統工芸の技が活かされたものが多く、思わず見入ってしまいます。

 

この壬生狂言を演じているのは、「壬生大念佛講(こう)」の方々です。いわゆるプロの方ではなく、会社員、自営業などの本職をもち、小学生から70歳台の長老まで、おもに地元に居住する方々で、地元の伝統文化を伝承しようと修練を積んでおられます。「衣裳方(かた)」と呼ばれる衣裳の着付担当以外は全員が男性です。

 

節分会では、昇殿特別祈祷、お練り供養、大護摩供養、厄除け護摩祈祷、星祭などが執り行われますが、面白いのは、炮烙(ほうらく)という素焼きのお皿を購入して、願いごとなどを書いて奉納する独特の風習があるのです。 

この炮烙は、4月に行われる壬生狂言の序曲「炮烙割(ほうらくわり)」の中で割られ、奉納者はその年の災厄を免れて福徳を得られると伝わっています。1回の上演ごとに1000枚ほど割られるのですが、その豪快な割れっぷりには胸がすきます。

 

壬生狂言は、庶民に娯楽として親しまれたために 、現在でも30の演目が残っていて、毎年上演されています。

節分会では、厄除・開運を祈願して、壬生狂言の「節分」という題目だけが1日8回繰り返して上演されます。

春と秋の公開は有料ですが、この節分の公開は無料なんです!

招福ぜんざいも無料で配られてお得感満載です(午前十時から、先着1000人)。

 

壬生狂言の演目「節分」のあらすじは、

節分の日に夫を亡くした女が、厄を払うまじないをかけてもらう。

その後、打ち出の小槌を使って人間の姿に化けた鬼が女へ近づく。

女を喜ばせようと、鬼は打ち出の小槌で美しい着物を次々と出していく。

それに女は喜んで、宴を開いて鬼に酒をすすめる。

鬼は酒をたくさん飲み、やがて酔いつぶれてしまう。

鬼が酔いつぶれている隙に、女は打ち出の小槌を奪い、鬼の着ている着物まで剥ぎ取る。

女に鬼だと正体がばれてしまう。

仰天した女の悲鳴に、鬼は驚いて目を覚ます。

鬼は全て無くなったことに怒り出すが、女は鬼の嫌いな豆をまいて鬼を追い払う。

 

鳴り物の音も楽しく、動きもユーモラスで笑いを誘う狂言なのですが、

「鬼 (病気、災厄や貧困など様々な不幸)を招く甘い誘惑に負けずに、マメ(まじめに、こつこつ)に働くことによってこそ、福徳は得られるものである」

という教えを伝える狂言だそうで、ユーモラスな表現の中に深い教えがあるのですね。

 

大人気の壬生狂言ですが、鑑賞のルールがあります。

写真も動画も撮影禁止なのです。

撮影してインスタなどに・・はと思う気持ちはやまやまですが、ここは気持ちを切り替えてじっくりと舞台に楽しみましょう。 

雨の日の露天の客席では傘が邪魔になるので是非、雨合羽のご準備を。

 

今年の壬生狂言の日程、上演時間は、

2月2日(土)、3日(日)(壬生寺節分会は2日~4日)

両日共に13時~20時まで、毎時0分に開演です。

上演時間は約40分で、入れ替え制です。

詳しくは、壬生寺のサイトなどでご確認ください。

 

700年の長きに渡って、土地に根差し、途切れず続いてきた壬生狂言は、ずっと愛されてきた存在ですね。

皆さまも是非その魅力を味わいにどうぞお越しくださいませ。

壬生狂言 IMG_00252.jpg

観光情報2019.11.13
紅葉シーズン到来 秋の二条城ライトアップ2019

皆様、こんにちは。

空気もだんだん冷たくなり、木々が色づきだしました。もうすぐ秋も深まるころですね。

京都は観光シーズンとなり多くのお寺や神社で、夜のライトアップが特別に公開されています。その中でも、京宿うさぎの目の前にあり徒歩10分で行ける二条城のライトアップを紹介します。二条城は世界遺産に登録されて、25周年を迎えるそうです。そんな特別なライトアップを、色鮮やかなもみじと一緒に見ませんか?

 a01844424a8bfbe5d2f1cd485a12f90e-1.jpg

開催期間・・・128日(日)まで

開催時間・・・午後545分~午後9時(受付:午後530分~ 最終退場:午後10時)

 この特別な期間にしか見ることのできないプロジェクションマッピングや紅葉のライトアップなど盛りだくさんです。

11月後半のお部屋の空きは若干ございますのでお早いご予約お待ちしております。

 

  1. 4

ベストレート保証

ベストレート保証

公式ホームページでのご宿泊料金は、どの予約サイトよりも最低価格になっております。また、シャンパンや和菓子詰め合わせなどの特典をご用意しております。
※他サイトからのご予約には適応されません。

公式WEBからの
ご予約はこちら

ページの先頭へ